ハッピーバースデー!




“お母さん誕生日おめでとう”
小さい頃は人見知りで、歌は好きだったけど、人前で歌うことなんて自分にはできないと思っていた。

隣でお母さんが一緒に歌ってくれるからできた。
母は結婚を機に「家庭に歌手は二人いらない!」って辞めたけど、出来ることなら続けたかったはず。16歳で広島から上京して、それを目指して、やっとデビューできたところだったんだから。
父の一番のファンで、この人の為にと家庭を選んで、大切にして、私と妹を育ててくれました。(もうとっくに大きく成長したけどw)まだまだ元気でいてください^_^
ステージ上からお母さんを見つけると、今でも安心します。

雅叙園ディナーショー!






【雅叙園 Christmas Night】 
★チャーリー永谷&キャノンボール ディナーブッフェ★
毎年恒例の大人気イベント開催!

半世紀を超えてハッピーなカントリーミュージックを発信し続けているチャーリー永谷&キャノンボールの14回目のディナーショー。

賑やかなクリスマスナイトをお過ごしください。

開催日

2017年12月12日(火)

18:00 - 受 付

18:30 - お食事 <和洋中折衷ブッフェ(着席・フリードリンク付)>

会場

ホテル雅叙園東京2F「舞扇」

料金

一般 1名様 ¥25,000

ファミリークラブ会員 1名様 ¥22,500
※料金には、消費税・サービス料が含まれます。

———-

チャーリーさんの雅叙園クリスマスディナーショーは12月12日(火)!今年はゲストにお誘いいただきました。カントリー、クリスマスソング、今から楽しみ!チャーリーさん、キャノンボールの皆さんとも久々の共演!!
2017年の12月を華やかにすごしてみませんか?
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/17436

高円寺フェス!

幸せな瞬間でありました。

彼らと同じ世代であり、一緒に音楽ができる幸せ。今日もブルームーンカルテットに心奪われました。
ありがとう!!

仲間。


仲間っていい。

最近、本当、そう思う。
日本でも、アメリカでも、今、好きな音楽仲間たちと一緒に演奏させてもらってます。バンドもあったり、先日みたいにフラッと仲間の演奏日に覗いてみたり。
この夜も素敵なものを見てしまった。ブルームーンカルテットとスーマーさんて、ありそでなかった組み合わせ。すごく自然で、優しいような力強くもあるような。こういう音楽の雰囲気をお互いで出し合えるなんて、まあ、いやらしい。笑

頭で考えるやつじゃない、心地いい音楽の最高値でした。

また絶対やってもらいたい!で、またちょっと仲間に入れてもらいたい笑

サンレコ!

サンレコ11月号、ナッシュビルスタジオ特集。
ナッシュビルに行った時に、この特集に関してお世話になったミュージシャンにお渡ししてきたら、自分の分がなくなり、再度受け渡し。笑
まだ書店にあるはず!皆さん、これは本当に保存版であります!

10月16日 キアボラのライブ!

先日はKathy Chiavolaのライブにゲストでお呼ばれして。BluesideとKathyでの演奏を2曲ほど。楽しかった!ありがとうございました。
関西、東北、観客席は女性率の高い楽しいライブでした!

彼女の歌声は素晴らしい^_^

帰国後、初ライブは誕生日!

お誕生日!皆さんにお祝いしていただいて幸せな時間を過ごしました!たくさんのメッセージもありがとうございました!!ゆっくりですがお返事させていただきます!
ライブも満員御礼、初めていらしてくださった方々から、常連さん、ミュージシャン仲間、そしてBluesideのメンバー、本当にありがとうございました!愛ちゃん、歌ってくれてありがとう!拓実、バンジョーキレキレで素晴らしいね!今度は美保ちゃんにもブルーグラス、歌ってもらいたい!

 

誕生日にライブ、、こんなに楽しいとは思わなかった。笑
アメリカ帰りの最初のライブ、忘れられない日になりました!!
1971年生まれ!皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします^_^











ナッシュビル 番外編















アメリカ最終日はナッシュビルに戻っての2日間。

友達がちょうどNashvilleにいたから嬉しい!彼女がいると旅がいつも好奇心に満ちたものになる。今回もまたたくさんの友達を紹介してくれてありがとう!その中にBuckaroosにいたWillie Cantuも。Station Innの後訪れたRoberts にいらして。仲良しミュージシャン友達が一緒に演奏できるようしてくれたので、Buck Owensの曲を!

とっても喜んでくれたけど、こっちの方がもっともっと嬉しいです。笑  

Valerie Deaton Storey、彼女の歌を聴きに月曜はStation Inn。いつも優しくステージに呼んでくれて感謝。偶然Gail Davesもいて久しぶり!となり、次回はもっとゆっくり会おうと電話番号を確認しあって^_^ 前、間違えててw Roots観たよ!と声をかけられたり、どこまでも幸せな旅でありました。

1971年。自分の生まれた年にも、たくさんの素敵なカントリーソングがあって、それを教えてくれた人がいた。ありがとう。

Oklahoma International Bluegrass Festival (10/6,7/2017)


















出演5年目。ありがとうございます!

楽しみにしてくれている方々から、たくさんお声もかけていただき、本当に充実でした!いつも素敵な写真を撮ってくれるTom Dunning、彼に会うのも毎年の楽しみです。ありがとう!


“Look I’m in a band. Well, I’m with a band. They are wonderful musicians and nice people good to see The Blueside Of Lonesome.”

Tom Dunning